【和歌山県】5月26日は「スーパームーン」と「皆既月食」が同時に見られる‘’幻想的‘’な天体ショーが楽しめるようですよ♪

皆既月食

画像はイメージです

2021年5月26日(水)の夜は、今年最大の満月「スーパームーン」が見られ、さらに「皆既月食」が起こります。

この月食は、日本全国で観察することができますが、北海道西部、東北地方西部、中部地方西部、西日本などの一部の地域では、欠けた状態の月が昇ってくる「月出帯食」となるそうですよ。

皆既月食は太陽と地球、月が一直線に並び、太陽光が地球に遮られて月全体が地球の影に入り、月が欠けて見える現象です。

国立天文台によると、月は、18時45分から欠け始め、20時09分に皆既食となります。

この日の月の出は、和歌山市で18時55分とのことで、欠け始めよりわずかに遅いため、和歌山県各地では、月は、すでに少し欠けた状態で昇ってきます。

皆既となった月は、「赤銅色(しゃくどういろ)」と呼ばれる赤黒い色に見えます。皆既食は20時28分に終わり、その後は徐々に欠けた部分が小さくなっていき、21時53分に部分食が終わり丸い状態に戻るそうです。

和歌山で皆既月食が見られるのは、2018年以来3年ぶりです。

今年は、早過ぎる梅雨入りとなり、雨の日が多くなっていますが、天気予報では26日は見えるチャンスがあるようです。

夜空を見あげ、‘’幻想的‘’な天体ショーを楽しんでみてはいかがでしょうか♪

2021/05/24 23:59 2021/05/25 10:11
つるちゃん
ジモネタ和歌山市
号外NET他の地域

地域ニュースサイト号外NETの昭和な記事を集めました:昭和レトロのナウいニュース

編集部スタッフが読んでよかったと思う地域ニュース:トピックス

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集